夏休みの自由研究|小学校6年生|2014|豆腐をつくろう!|クッキング

自由研究で豆腐をつくろう
夏休みの自由研究って、毎年頭を悩ませます。

ペーパーの宿題はあっという間に終わるのに、自由研究となると...ふらふら

何をしようか迷ってるうちに、夏休みも終わりに近づいてあせあせ(飛び散る汗)

6年生だし、あまりにも手抜きにはみせたくないexclamation

ひらめき今年は時間もかからなく
簡単に1日でできるものを探してみましたるんるん

スポンサードリンク


今日は、『クッキング』です。
このサイトの内容をそのまま、表にまとめてもいいし、
興味のあるところをさらに調べてもいいと思います

今回は クッキング 1日もあればできちゃいます。
『豆腐つくり』

以前、アメリカに行ったときに知り合った日本人の方に教わりました。
アメリカの田舎町に住んでいるので、豆腐が食べたくなってもスーパーでは売ってない。
豆乳は何とかみつけたけど、豆腐作りに必要な ”にがり” も売ってない。
ってことで、レモンを使用した豆腐の作り方ですひらめき

用意するもの
豆乳(無調整のもの) 200mL
レモン汁       小さじ1(5mL)
なべ         小さい鍋2つ
スポイト       
100円ショップで弁当用に売ってる醤油さしでOK!
湯飲み茶わん
大き目のマグカップ
ガーゼ
豆腐を入れる器
おたま(レードル)

スポンサードリンク


作り方
1 レモン汁を湯飲み茶わんにいれ、ゆせんにかけて温める。
  ※やけどに気を付けて、冷めてから取り出すように!

2 別の鍋に投入をいれ、ゆっくりかきまぜ奈川弱火で加熱する。
  ポイント:弱火でゆっくり加熱すること。
       強火で加熱すると投入が固まって表面にまくができちゃうよ!

3 投入が固まってきたら、かきまぜながら、1のレモン汁をスポイト(弁当用の醤油さし)で少しずつ加え  る。
  ※休むと固まらない部分ができるので、休まずにかき混ぜること!
4 レモン汁を入れ終わったら、すぐに火を止め、そのまま完全に冷めるまで1時間ぐらいおく。

5 大き目のマグカップにがーーぜをかぶぜて、4の投入をゆっくりそそぐ。
  ポイント:ガーゼやマグカップはあらかじめキッチンハイターや熱湯などで除菌して、               よく乾かしておく。

6 ガーゼを軽く絞って、豆腐の水気を切る。

7 器に入れて、冷蔵庫で冷やしてできあがり。
  ※作った豆腐は市販のものとは違うので、その日のうちに食べて    ね!

料理の様子を細かに写真にとっていくといいよひらめき
料理の時には必ずメモをとっておくことexclamation
料理の前には手をきれいに洗おう。
火を使う時には必ず、大人の人と一緒にexclamation×2

まとめ方
1 タイトル(題名)を決めよう。
  みんなが興味を持ちそうなタイトルを考えよう。

2 豆腐つくりをしようと思ったきっかけを書く
  「夏バテに何も食べたくない日には豆腐を食べる...
   とTVでタレントが言ってた。」
  「以前理科で習った、家庭での豆腐の作り方に興味をもった」など...

3 用意するものを書く。
  身近なもので使える代用品なども書いておくといいよ。
  材料などはどこでそろえたかなども書くといいね。

4 料理の手順を書く
  (簡単に書く)
  
5 写真にとったものと一緒に細かな料理の手順を書いていく。

6 出来上がった料理を食べてみた感想を書く。
  どんな味だったか。
  舌触りはどんなだったか。
  この料理を食べてみた家族の感想なども入れるといいね。
  結果から分かったこと。感じたこと。
  自分の考えや感想などを書く。

7 参考にした本のタイトル。
  インターネットのサイトの名前、などを書く


最後に...
見やすい字で書くこと。カラフルなペンなども使って工夫してみること。  
表紙には、 「実験のタイトル」、「名前」なども忘れずにね

成功したら、オリジナルな豆腐にもチャレンジexclamation×2
コーヒー味や、抹茶あじなど工夫して試してみてねかわいい
posted by taka at 14:00 | クッキング

スポンサードリンク